--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/06/23

2008.06.23.02



「船食虫は、船の吃水下の船体に孔を穿ち、指ほどに太くてぬるりとした体をさし入れ
 孔があくまで木を食いつづける。」
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ヒエー(笑)

そんなに船底が美味しいの?!
いやはや大変な船食虫ですね。あ、でも船員さんたちはなにやら慣れているのか大丈夫そう?!(^_^)

はなたまさんの物語がこやってつくと、
またまたいつもの絵の時だけとは違って楽しいです。

姉妹もかわいいですね。朝寝坊に親近感が.....(笑)

美味しいんでしょうねぇ。

いや、読んでいた本(司馬遼太郎さん)からの引用なんですけどね。
淡水と海水が入り交ざったところに住んでいて、昔の木造船は
ずいぶん苦労させられたようです。
本当はどんな形の虫なのか分からないんですけど・・・

僕は良い子なので、早起きです。(遅くても5時)
寝るのも早いですけど。(ほとんど10時前)
・・・子供のようですね^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。